次代へ繋がる木材の可能性を追い求めて。
コテラ木材
622−0062 
京都府南丹市園部町竹井上神崎3−1"
TEL 0771−63−0367
FAX 0771−63−0895
HP http://www.kotera-mokuzai.com
e-mail info@kotera-mokuzai.com
京都産木材・木造建築・リフォームのことなら気軽にご相談ください。

毎月第2第3土曜日は、はんぱ市!

2008年02月19日

蒔きストーブ【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

寒い冬を越すために欠かせない暖房器具。

暖房器具といってもいろいろあって、エアコン、ハロゲンヒーター、床断熱、石油ストーブ、オイルヒーターなどなどいっぱいあるわけです。

そんな暖房器具の中で一番好きなのは蒔きストーブ。

木を燃やすというとなんだか二酸化炭素をいっぱい出して環境に悪いってイメージをもたれるかもしれないですけど、そんなこと無いです。もしそうだとしたら昔の人は環境に悪いことしかしてませんよね。

なぜ一番好きかというと、ホカホカするし、やかんでお湯も沸かせる。煮物も出来る。もちは焼ける。それになんといっても空気が乾燥しない。これがいいです。

最近の住宅事情ではなかなか家の中に蒔きストーブを置くことが出来ないですけど、もし仮に置くことが出来る人は置いてみるといいですよ。
出来ればダッヂオーブンをお勧めしますね。これだと調理できる料理のバリエーションが増える増えるw

ほんと蒔きストーブで炊き込まれたおでんって最高に美味しいですよw
芯まで味がしみこんでる感じがしますもん。

ぜひお試しあれ。
posted by コテラ木材 at 15:51| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

巣立ちのとき【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

とても強い勢力だった台風も過ぎ去り、祇園祭も無事に終わって夏本番を迎えようとしている今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

これから梅雨もあけぐっと気温も上がるでしょうからお体にはくれぐれもきをつけてください。


今朝なにやらツバメたちが騒いでいるので蛇でも出たかな?と思い急いで見に行ってみるとどうやら晴れのこの良き日に親鳥が巣立ちを促しているのでした。

小鳥を巣立たせるために親鳥は急にえさを与えなくなります。
それは自分で餌をとるという本能に訴えかけるためなのかもしれません。

しかし小鳥たちにとってみればおなかは空いてくるし飛ぶのは怖いしといった具合なのでしょう必死で親鳥を呼ぶためにピーピーないていました。

しかしある一羽の小鳥が意を決したのか羽を大きくしかし不器用にばたつかせ飛び立とうとしています。
それを見たほかの小鳥たちも負けじと羽を必死に羽ばたかせていました。

そして数分後3羽の小鳥たちが大空へ向かって飛び立って行くことに成功したのです。

残るはあと2羽だったので、ずっと見ていたかったのですが朝はここまでとして仕事へ行き、お昼休みに自宅へ帰ってみると、もう一羽も巣立っていました。

あと1羽のみでしたが昼休み中に飛び立つことは出来ませんでした。夜に帰宅すれば無事に飛び立っているかもしれません。

そうなると今まで騒がしかった家も急に静かになると思うと少しさびしい気持ちになりますね。


このようにして巣立っていったツバメたちは、これまでもそしてこれからも生活スタイルを変えることはないでしょう。
なぜ生活スタイルを変えないのか?それはツバメにとって今までのスタイルでの生活が一番体にも心にも無理なく過ごせるからだと思っています。
しかし今日本に住む人々は流行という名の扇動に踊らされ自分の目で見ることはなくステレオタイプで自分自身で物事を考えることが出来なくなっているのではないでしょうか?
そして、次々と生活スタイルを変えそして心の持ちようを変えていっているように思えます。

何も昔の伝統文化や思想に縛られ新しいものを生み出すことを否定しているのではなく目先だけを変えた物事におどらされず本当の意味での価値であったり人としての心構えであったりを自分自身で考えそして行動していけるように己を見直すべきなのではないかなと思わせるツバメの巣立ちでした。


最後に連休のさなかに起こった中越地方を襲った地震で被災にあわれた方々が一日も早く平穏な暮らしに戻れることを京都の地よりかげながら応援しております。
posted by コテラ木材 at 13:31| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

こなーゆきー【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

今日は本当に寒くて寒くてたまりませんね。



こちらでは時々粉雪が降っています。



風もきつく吹いていますのでこれは春一番の再来?とも思える吹雪きっぷりです。



こんな週末はコタツのかなでぬくぬくしていたいものですね。





しかし四季のある日本ってすばらしいですよね。



四季の感じ方はいろいろあると思うんですが、一番わかりやすいのは気温で感じたり、太陽の昇り具合で感じたり。そのほか四季折々の行事に参加したりだと思います。



皆さんはどのようなことで季節を感じますか?



春なら花見。夏なら海。秋なら紅葉狩り。冬には雪山や温泉。



魅力いっぱい。一年を通して遊ぶことにはことかかないですね。



そうそう、そろそろひな祭りですねぇ。人形を出されたりしますか?



最近では雛人形や鯉のぼりを見ることが少なくなったので、今年はうちの人形を出してみようかと思います。



ひな祭りが終わると鯉のぼりの登場となるわけですけど、最近では本当に見ることが少なくなりました。



5月頃まで鯉が空を泳いでいる風景も時代の移り変わりとともに減ってきたんでしょうねぇ。さびしいものです。



皆さんのおうちでもまた出されてみてはいかがですか?






〜〜〜〜〜〜〜次代へ繋がる木材の可能性を追い求めて。〜〜〜〜


コテラ木材


622−0062 京都府南丹市園部町竹井上神崎3−1

   

      TEL 0771−63−0367

      FAX 0771−63−0895

        HP     
http://www.kotera-mokuzai.com

      e-mail  info@kotera-mokuzai.com


〜〜〜〜〜〜〜京都産木材のことなら何でもご相談ください。〜〜〜


posted by コテラ木材 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

そんなことがあるのか。【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

もう完全に春ですねぇ。



先日春の風物詩の面白い話を聞いたのでちょっと書こうと思います。



みなさん、春といえば桜の季節。

桜が春に咲くのは当たり前ですよね?



ところが、最近はそうでもないことがあるようです。



暖かくなれば自然に咲くものだとばかり思ってたんですけど、

咲くためには寒い冬を越えなければいけないんですね。



そうしないと、桜がまだ冬が来ていないと思って暖かくなっても咲こうとしないそうです。ちゃんと冬眠をしないと咲かないそうです。



そういえば以前番組か何かで、夏か秋に桜を咲かそうという実験をしていたなーというのを思い出しました。



そのときは桜の木をビニールで囲って真冬の気温に数週間だったか数日だったかしておいて一気に囲いを取っ払ってましたね。



結果はというとほんの少しでしたけど、咲いてました。





日本には四季があってそれぞれの季節でその時その時の風物詩を見ることが出来るんですけど、それもなんだかずれてきてるんですねぇ。
posted by コテラ木材 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コテラ木材
京都府南丹市園部町上神崎3−1
TEL 0771−63−0367
FAX 0771−63−0895
e-mail info@kotera-mokuzai.com
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。