次代へ繋がる木材の可能性を追い求めて。
コテラ木材
622−0062 
京都府南丹市園部町竹井上神崎3−1"
TEL 0771−63−0367
FAX 0771−63−0895
HP http://www.kotera-mokuzai.com
e-mail info@kotera-mokuzai.com
京都産木材・木造建築・リフォームのことなら気軽にご相談ください。

毎月第2第3土曜日は、はんぱ市!

2008年06月30日

そろそろ七夕ですねぇ。【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

一年って本当に早いものです。

もう七夕の季節。

例年うちの地元では七夕祭りを町の青年部がやるのですが、その準備をしている準備委員会の皆さんは大忙しで夜な夜な祭りを楽しみにしてくれている子供やご両親のために一生懸命準備されてます。

私も当日は祭りのお手伝いとしてお店を任されているのでお時間のある方は遊びにきてくださいね。

さて、七夕と言えば笹飾り。笹飾りと言えば願い事。

今年はどんな願い事を書きましょうか。
posted by コテラ木材 at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

なんで木?【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

こんちわ。

先日やっと小物入れを納品しました。いやぁ、がんばりました。

喜んでもらってほんとよかったです。鏡をつけてみたりしたんで結構手間を取りましたけど、喜んでもらってる顔を見たら疲れが飛びますね。うん。


で、今日のタイトル「なんで木?」の話です。

京都の木と言えばコテラ木材!と言ってもらえるように日々宣伝してるわけですが、(周りの方にはまだまだ宣伝がたりん!もっと広めろ!と言われてますw)やはりまだまだ国産の木は高い!しかも京都の木はもっと高い!と誰かに植えつけられたイメージをおっしゃる人がいます。
それになんでわざわざやぼったく感じる木を使わなきゃいけないんだ?と言われる方もいらっしゃいます。

店舗とかビルとの非日常空間なら鉄とかガラスとかプラスチックとかの素材を存分に使ってかっこいいとか近未来的な建築やインテリアでいいと思うのですが、住居は違うと思います。

もちろん家だってデザインが良くてカッコいいに越したことはないかもしれません。

しかし、外で仕事して人付き合いに緊張して疲れてる心や体を癒す空間が家でなければいけないと思っています。しかし最近の家は癒しの空間で無くなってしまっていると感じます。だから外へ癒しを求めるようになってるのではないでしょうか?外へ癒されに行かれること自体はなんら問題はないです。
でも自分の家で癒されない家に帰りたいと思う人がどれほどいるのでしょう。一日のうちほんの数時間しかいない人でさえ癒されないのに、それが一日中家で炊事、洗濯、子供の世話に追われている主婦の方たちにとって家にいることがストレスになるには当たり前だと思います。
そしてストレスを感じている親に育てられる子供はそれこそ自分というものを偽り親の前ではよい子でいなければいけない、自分を押し殺してしまう。そしていつか不満が爆発する。そんな子供が育つわけです。

あ、一人で暴走した妄想に入ってしまいました。。。

かなり極端な話を書きましたけど、家庭不和の一つの要因が家で癒されないことであると考えられると思います。

正直な話、形状やサイズ、強度などとても制約の多い素材であると思います。しかし、鉄・ガラス・プラスチックなどに癒されると感じる人は結構少ないのではないでしょうか。

木を売ってるから言うわけでなく木の良さとは巷でもそこかしこで言われている温もりや優しさ香りでの癒しといったことだと思うんです。

なんて曖昧な説明なんだ!もっと的確な説明はないのか?と言われるかもしれませんが、人の感情や感覚ってとてもファジーなものだと思うんです。そのなんとも曖昧な感情や感覚にフィットする素材が木であるからこそ人の心を落ち着かせ癒すことができるんだと思っています。

そんな想いをいだきながら今日もお客様の心を癒せる製品を京都の木で作っています。

自然の素材に癒されると感じるのは人間も自然の作り出したものだからだと思います。DNAが癒されることを知ってるんでしょうね。
posted by コテラ木材 at 16:49| Comment(1) | 木材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

只今製作中!【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

最近忙しいです。はい。

今月は弟の結婚式で東京へ行き、宮津は天橋立で2000人以上の人を集めて手をつなぎ世界遺産へ登録!というイベントに顔を出し、なんだかイベント続きで。

その間ももちろん仕事はしているわけで。
毎日製材の仕事は親父がして、弟が特注のカップボードを製作中なのと、私が娘さんへの誕生日プレゼントということで、小物入れの注文をいただき作ってます。

積み木の方もちょっとづつですけどコンスタントに注文をいただきありがたいことです。

カップボードの製作日数はほぼ一月かかるような大物で、小物入れはこれまた時間のかかる細かな仕事を要求されてます。

しかーし、ここが腕の見せ所wがんばって造ってます。
喜んでもらってる顔が見たいって思うと自然とがんばれるんですよね。

そうそう、つい先日友達に子供が産まれたので、積木を持って行きました。まだ産まれてすぐだから積み木で遊んでくれるまでにはまだまだ時間がかかると思いますけど、楽しんで遊んでほしいですねw

さて、見積もりの山に埋もれないうちに見積もりをやりきってしまってから製作再開です。がんばるぞー!
posted by コテラ木材 at 13:43| Comment(0) | 木材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

蕎麦屋さんのテーブル【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

先週末の8日の日曜日に無事開店をされました、「蕎麦 祥」さん

場所は西京区嵐山中尾下町14−3
電話番号 075−862-6202

このお店にはテーブル席、囲炉裏を囲んだテーブル、そして畳に座りながらの席とあってそのうちの畳の席のテーブルをKOMOKネームで作らせていただきました。

2台置いてあります。

ケヤキの板を使って足は北山杉の丸太。
もちろん焼印が押してあるのですぐにわかります。

現物はお店に行っていただいてのお楽しみw御蕎麦を食べながらテーブルをスリスリしてみてくださいね。

積木も置いてありますから子供さんに遊んでもらえます。
posted by コテラ木材 at 16:31| Comment(1) | 木材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コテラ木材
京都府南丹市園部町上神崎3−1
TEL 0771−63−0367
FAX 0771−63−0895
e-mail info@kotera-mokuzai.com
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。