次代へ繋がる木材の可能性を追い求めて。
コテラ木材
622−0062 
京都府南丹市園部町竹井上神崎3−1"
TEL 0771−63−0367
FAX 0771−63−0895
HP http://www.kotera-mokuzai.com
e-mail info@kotera-mokuzai.com
京都産木材・木造建築・リフォームのことなら気軽にご相談ください。

毎月第2第3土曜日は、はんぱ市!

2007年07月31日

ウッドデッキの作り方A【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

さて、前回に引き続きウッドデッキの作り方2回目を書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

前回は計画段階のお話をさせていただきました。

どうですか?
材種は決めましたか?
材料の量数はでましたか?
色は決めましたか?
デザインは?
予算的にはクリアしましたか?

では、早速作り方に移りたいのですが、もう一つだけ確認をしていただきたいことがあります。

「なんだよ!早く作り方おしえろよ。」という声が聞こえてきそうですが、そうもいかない話なのでさせていただきます。


それは何かというと、「道具」についてです。


手持ちの道具で作れるのかどうか?もしかするとあらたに道具を買わないとウッドデッキができないかもしれません。
ですから必要最低限の道具はそろえておきましょうということです。

では、どのような道具が必要になってくるのか?

かなづち
インパクトドライバ
手のこぎり
電気丸のこ
定規
メジャー
刷毛
バケツ
水平器
水糸
ショベル
コテ

これぐらいの道具がそろっていればいいと思います。
わかりやすいようにどのようなものなのかリンクをはってますのでご覧ください。
この商品でないといけないということではありませんのでご理解ください。

何かを作る場合には必ず道具が必要になってきます。

板を削りたいならカンナ、切りたいならのこぎりやカッターが必要ですし、砕きたいならハンマー、穴を開けるならドリルがいりますよね。

持っているのと持っていないのとでは作業効率がぜんぜん違いますよね。

ね?すごく大切な話だったでしょ?

さて、次回はお待ちかね、製作作業に入っていこうと思います。

もし、これらの道具の使い道がわからない場合はメールにて質問いただければお答えしますのでお気軽にどうぞ。

ではまた。



posted by コテラ木材 at 18:18| Comment(0) | ウッドデッキの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

基礎立ち上がり篇【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

今日は昼間にざぁざぁ〜っと雨が降ってすっごく蒸せた空気にやられてしまいました。。。

しかし基礎の立ち上がりも無事に打設終了

アンカーボルトもホールダウン金物もしっかり入って後は天板をならして土台を据え棟上に向かうためにただひたすら基礎が乾いてくれるのを待つばかりです。

いつだったか忘れましたが、教えてgooというサイトを見ていたときに、基礎のアンカーボルトを設置するのに田植え式だったのだが大丈夫か?という質問ありました。

随分昔はそんな工法というかやり方をしていたこともあったようですが、そのやり方ではこの時期アンカーボルトにコンクリートがしっかり絡まないことがあるので、うちではしていません。

特に今の時期コンクリートの乾燥がすごく速いので田植え式は下手をするとコンクリートが固まって入らなくなる恐れがあるのです。
ですから前もって立ち上がりの鉄筋にくくりつけるとよいです。

高さも立ちも均一になりますし、それにちょっと何かがあたっても同じ位置にいてくれるので施工スピードも上がります。

今新築をされる方がおられたらそのことにも気をつけて聞いてみるといいと思います。
頼もうとされている工務店や施工業者の考え方がわかりますよ。


posted by コテラ木材 at 23:55| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月に出展するイベントの告知です【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】


今週は天気がほんとにいいですね。
昨日現場に行って職人さんと話をしていたのですが、「暑くてたまらん」とふぅふぅいってましたよ。

こんなときにエアコンが壊れた車で現場への移動もたまったものではないですがしばし我慢します。

さて本日はアートイベントの紹介をします。

「ん?どうしたコテラ?アートなんか関係あるのか?」

といわれそうですが、ここでも書いてるように木材の可能性を探してますので色々なことにチャレンジしているのです。

何がアートだかわからずに作ってますがねw

では告知しまーす。

「All people have the ability to create! 」

〜誰もが表現者〜

約40名のアーティストによるアートの祭典、「syu-yu-raku」にて開催!

##################################################

「Art exhibition」無料

8/3(fri.)4(sat.)5(sun.)

PM13:00〜PM21:00 (最終日は20:00終了)

##################################################

28-Blowのアートイベントは「All people have the ability to create! 」をコンセプトに、創作するアーティストも、ご来場くださる観覧者の方々にも、より「自由」に、より「気軽」に、アートを楽しんでいただけるイベントを目指し、季節ごとに開催しております。
28-Blowが企画するイベントの最大の特徴は、「何でもあり」ということです。アートのジャンルは自由、参加アーティストも、一回のイベントに約30〜40名と非常に多く、初めて創作をした方、趣味で創作をしておられる方、プロを目指しておられる方、プロのアーティストなど、プロアマ、年齢、性別、国籍、ジャンルの垣根を越 えたまさに何でもありのイベントです。

##################################################

「Blow Party」(大交流会+SOUND BLOW)

8/4(sat.)PM17:00〜PM21:00

Ticket 1500yen(フード、ソフトドリンク付き)

##################################################

「Blow party」とは、来場者とアーティスト、アーティスト同士、さらには来場者同士が、好きに交流していただける「交流会」と「SOUND BLOW」を融合させたものです。
フードやドリンクを用意しておりますので、酒に酔い、音に酔い、様々な方との交流を楽しんでいただくパーティーです。

今回のBlow partyは、消しゴムはんこの「紅蓮堂」がライブペイントならぬ「ライブはんこ」で登場!
1800mm×1800mmのキャンバスいっぱいに貼られたポストカードに、はんこを押しまくります!
しかし!そのパフォーマンスは19:00から行われる交流会への布石だった!何があるかは当日までのお楽しみ!


<ライブはんこ>

 
紅蓮堂


<LIVE>


ゆや

Kunio Watanabe


<DJ>


DJ NOBUCHIKA



「ご来場者さまへ」

・8/4(sat.)17:00〜21:00の間、「Blow Party」開催の為、通常の展示とは異なります。

・8/4(sat.)17:00〜21:00の間、チケットをお持ちで無い方はご入場いただく事ができません。(当日券あり)

・作品展のみにご来場の方は上記以外の日時にお越しくださいますようお願いいたします。


お問い合わせはメール info@28-blow.comまでお願いいたします。


「syu-yu-raku」

集酉楽ホール・サカタニ

〒605−0993
京都市東山区七条通本町西入
日吉町222
TEL 075-561-7974
http://www.sosake.jp/

京阪七条駅東入南側徒歩1分
ファミリーマート2F
酒屋サカタニ店内を通って奥

MAP
http://28-blow.com/syumap.html

<28-Blow H.P.>
http://28-blow.com
posted by コテラ木材 at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

ウッドデッキの作り方@【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

自作ウッドデッキを作る方が増えてきて要望もあったので作業工程の紹介をしていこうと思います。

サイズに関係なくどのようなタイプにも対応していこうと思いますので、気になった点やわからない点などありましたら気軽に相談してください。

ではスタート!

とにかく作りたい!と思われていてもそのイメージが漠然としたものでは形になりません。
それに設置したい場所におさまるかどうか邪魔にはならないかも確認しなければいけませんからそこから初めていきましょう。

どこに設置予定ですか?
設置した後、生活の邪魔にはなりませんか?
デザインはどうしますか?
材種はなににしますか?
塗料はどうしますか?
設置後どのような使い方をしますか?
付属するものでなにかいるものはないですか?(照明、BBQコンロ、手すり、ステップ、テーブル、イスなど

これらを決めておくと材料にかかる予算が計算できます。
同じ材料でベンチやイスを作りたい場合はその分も計算してくださいね。
そうするとベンチやイスが実際における大きさのウッドデッキなのかどうかもわかりますし、ご自身の予算に合うかどうかもわかりますよね。

今回はウッドデッキを作る前の無駄をなくす作業を紹介しました。
この作業を怠るとせっかく買った材料が余ったり足らなくなったりして予定していた予算をオーバーすることもありますので、ここは楽しく真剣に作業しましょう。

素敵なウッドデッキが出来ると良いですね。
posted by コテラ木材 at 10:33| Comment(0) | ウッドデッキの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

本日の基礎と図面【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

暑かった。本当に今日は暑かった。

現場も滞りなく進んでおります。

本日は配筋と周囲の型枠組。

明日はベースのコンクリート打設。


京都の事務所改装図面も佳境を迎えようとしています。
あとは照明をどうするかを悩んでいるところです。

今日は頭の回転が鈍くなってきたのでここまで。

また明日がんばろうと思います。では。
posted by コテラ木材 at 22:46| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木の家に住む理由【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

やっと梅雨がはれましたね。夏本番です。
今日の日差しを浴びると「あぁ〜夏が来たなぁ」と肌で実感できます。


これからの暑い夏を乗り切るためにエアコンが飛ぶように売れていくんでしょうねぇ。
自慢じゃありませんが、うちでは真夏になっても家のエアコンをつけることなんて年に数回もしくは一日に数時間程度で済んでいます。

とても電気代が安くていいですよw家電製品に頼ることがほとんどありませんからねw

それはなぜだかわかりますか?

自然の力を借りて快適な生活が出来るように考えて家を建てられているからです。

昔の家はそりゃ電化製品もない時代に建ってますからいかにして自然の力を家に取り入れようかとそんなことばかり考えて建てられていたのだと思います。

このあたりでは桧の柱に土台、松の梁、土の壁、瓦の屋根、建具も桧か杉。自然素材を適材適所に使っていたのです。

なぜ使われていたのか?

それは日本の風土に一番適してる素材達だからです。

空気中の湿気を吸い室内の湿度を一定に保とうとする力を知っていたから。
寒い冬でも木材自身にある空気層が部屋の温度を保つ役割をしてくれていることを知っていたから。
害虫が土台や柱を食べようとしても食べにくい防虫作用や腐りにくいことを知っていたから。

先人たちはそれらを知っていたからわざわざ使っていたのです。

しかし残念なことに今の住宅業界でそのことを知っているのに実践している工務店や住宅メーカーは皆無に等しいといっていいと思います。知り合いに数社あるだけです。

これらの材料を今の高気密高断熱と呼ばれる家で使うとすぐにダメになってしまいます。

それはなぜか?住める環境ではないからです。

木材も呼吸しています。壁も呼吸しています。
しかし高気密高断熱や大壁の家では呼吸がしにくい。

材料が長持ちしない家では人も長持ちしません。

そのことを知っているから機械に頼って快適にしようとしている住宅がほとんどです。

追記

本当に自分たちにあった快適な住宅を建てることが出来るのは3軒立ててやっと思い通りの家に住むことが出来るといわれています。

しかしながら今の購買層はそんなことおかまいなしでどんどん家を買っています。自分たちの人生設計を立てる上で一番大切といっても良いほどの買い物をするのに。

何をそれほど急ぐのか?あと5年で寿命がきてしまうのではないか?そんなことすら感じてしまいます。

家を建て始めればそれほど工期に差があるわけではありません。

それよりも自分の住むであろう家のことをもっともっと考えてから建てるべきだし買うべきです。
そのためには建築会社ともっと話し打ち合わせして熱意を伝えるべきです。喧嘩しても良いです。
それでいやな顔をするような建築会社はやめたほうがいい。

木造住宅を建てている私が言うのもなんですが、鉄骨だろうがコンクリートだろうが木造であろうが、

健康で安心して住める家。
子供の笑顔が絶えない家。
家に早く帰りたくなる家。
住み手が使いやすい家。
住み手のための家。

そんな家をたてることの出来る工務店・販売会社に出会えるまで家は買わないほうが良いです。

posted by コテラ木材 at 15:00| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

京都市内へ。。。【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

本日の予定していた工事である捨てコンクリート打ちは無事に終了。

しかしながら墨出しは出来ず。。。(やっぱり。。。

後は墨を出して配筋と型枠をしてもらえばベースのコンクリート打ち。

その工事と平行しながら今京都市内に支店を出す(大げさw)計画を進めています。

支店が出来きましたら京都市内の方々御贔屓によろしくお願いします。

完全に事務所として機能するにはまだ時間もかかりますし、事務所にしようとしている部屋もリフォームしていかないといけません。

ですが今こうやってブログへの書き込みをしているのも事務所になるところからなのでネット環境はすでに整ってます。

あとは本当に誰が来てもらっても良いような事務所を作ることに専念します。それこそ京都産木材を使ってリフォーム!

格安で済ませ見た目には価格以上の出来にしたいと思います。

その工程も写真でアップしていきますからお楽しみにw

完成したらオープニングパーティーなんかも出来ればいいなと思ってます。

posted by コテラ木材 at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎工事【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

いい天気に恵まれて現場もスイスイ進みます。

うれしいですねぇ。

さて先週からの基礎工事で

ちょうはり(土地のどこに建物が配置されるのと周囲との高さ関係がわかるようにするための下準備

水道給水排水用先行配管

割り栗石の敷き詰め転圧

防湿シート

捨てコンクリート(本日施工

まできました。

今日の夕方には配筋用と型枠用の墨だしが出来るといいなと思ってます。

日が長いって素敵ですw

さぁ〜がんばるぞぉ〜。
posted by コテラ木材 at 11:59| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

本格始動。【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

梅雨が明けてくれればようやく建築にも力を入れることが出来ます。

なんせ基礎を仕上げないことには家は建ちませんからねぇ。

今回の住宅はオール京都産木材を使用した家になります。
工事の進捗状況を写真でもアップしていきますからお楽しみに。

もし写真を見て疑問に思われることがあれば気軽にメールで聞いてくださいね。

住宅そのものもそうですが最近「ウッドデッキを作りたい!」といわれる方がおられます。
そんな声に答えるためにウッドデッキの制作方法をまとめたマニュアルを作くろうと思っています。

出来上がったらまたお知らせしますのでこれまたお楽しみにw
posted by コテラ木材 at 10:50| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

巣立ちのとき【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

とても強い勢力だった台風も過ぎ去り、祇園祭も無事に終わって夏本番を迎えようとしている今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

これから梅雨もあけぐっと気温も上がるでしょうからお体にはくれぐれもきをつけてください。


今朝なにやらツバメたちが騒いでいるので蛇でも出たかな?と思い急いで見に行ってみるとどうやら晴れのこの良き日に親鳥が巣立ちを促しているのでした。

小鳥を巣立たせるために親鳥は急にえさを与えなくなります。
それは自分で餌をとるという本能に訴えかけるためなのかもしれません。

しかし小鳥たちにとってみればおなかは空いてくるし飛ぶのは怖いしといった具合なのでしょう必死で親鳥を呼ぶためにピーピーないていました。

しかしある一羽の小鳥が意を決したのか羽を大きくしかし不器用にばたつかせ飛び立とうとしています。
それを見たほかの小鳥たちも負けじと羽を必死に羽ばたかせていました。

そして数分後3羽の小鳥たちが大空へ向かって飛び立って行くことに成功したのです。

残るはあと2羽だったので、ずっと見ていたかったのですが朝はここまでとして仕事へ行き、お昼休みに自宅へ帰ってみると、もう一羽も巣立っていました。

あと1羽のみでしたが昼休み中に飛び立つことは出来ませんでした。夜に帰宅すれば無事に飛び立っているかもしれません。

そうなると今まで騒がしかった家も急に静かになると思うと少しさびしい気持ちになりますね。


このようにして巣立っていったツバメたちは、これまでもそしてこれからも生活スタイルを変えることはないでしょう。
なぜ生活スタイルを変えないのか?それはツバメにとって今までのスタイルでの生活が一番体にも心にも無理なく過ごせるからだと思っています。
しかし今日本に住む人々は流行という名の扇動に踊らされ自分の目で見ることはなくステレオタイプで自分自身で物事を考えることが出来なくなっているのではないでしょうか?
そして、次々と生活スタイルを変えそして心の持ちようを変えていっているように思えます。

何も昔の伝統文化や思想に縛られ新しいものを生み出すことを否定しているのではなく目先だけを変えた物事におどらされず本当の意味での価値であったり人としての心構えであったりを自分自身で考えそして行動していけるように己を見直すべきなのではないかなと思わせるツバメの巣立ちでした。


最後に連休のさなかに起こった中越地方を襲った地震で被災にあわれた方々が一日も早く平穏な暮らしに戻れることを京都の地よりかげながら応援しております。
posted by コテラ木材 at 13:31| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

雨の中でも【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

200707111049001.jpg200707111049000.jpg200707111048000.jpg雨の中でも屋根が出来れば仕事も出来るものです。

台風さんどっか行ってくれぇ。はかどりゃせんw
posted by コテラ木材 at 10:52| Comment(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

本日地鎮祭【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

200707031831000.jpg前夜の雨で一時はどうなることかと思われた地鎮祭でしたが、朝からなんとか持ちこたえてくれて無事に滞りなく終えることが出来ました。

いやぁよかったよかった。
あとは早く梅雨がはれてくれるのを待つばかりです。
posted by コテラ木材 at 18:38| Comment(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

明日は地鎮祭。【ナチュラルライフと京都産木材・木造建築のコテラ木材が送るロハス的な日々】

ようやく地鎮祭。

ここまでくるのにいつもより起伏の激しい現場なので、これからより一層気を引き締めてかからないといけないと。。。

でも完成が待ち遠しい現場でもあります。

写真は明日。
posted by コテラ木材 at 18:20| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
コテラ木材
京都府南丹市園部町上神崎3−1
TEL 0771−63−0367
FAX 0771−63−0895
e-mail info@kotera-mokuzai.com
ブログランキング・にほんブログ村へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。